読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月記

半年に1回、更新が目標

疑問 : カラオケのキーについて知りたい

 


カラオケのキーがよくわからない。
わかりやすくしたいので、調べてみた。

 

キーとは何かと調べてみたけれど、ややこしいので無視。
でも、キーを上げ下げするとどうなるのかは何となくわかったので、それを書く。


参考サイト

[カラオケ]上達へのヒント~ ”あなたのキー” で歌いましょう。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n2987

他多数。

 


カラオケの機械のキーを-にすると全部の音1つ1つが、半音1つ下がる。
+にすると半音上がる。


-6 |-5|-4|-3|-2|-1|0|+1|+2|+3|+4|+5|+6
ファ♯|ソ |ソ♯|ラ |ラ♯|シ |ド|ド#|レ  |レ♯|ミ  |ファ  |ファ♯


下に6音。上に6音。(♭を書くとややこしいので♯に統一してます)
オクターブは12音だが、カラオケの機械では半オクターブまでしか上げ下げすることができない。
なぜできないのか。
キーを変更することで変わるのは、伴奏(楽器)とコーラスの音の高さ。
それらを半オクターブ以上上げ下げすると、
音が低すぎ(高すぎ)で、とても聴けたものじゃなくなるらしい。

 

 

では、±6以上に上げ下げするにはどうするか。

男性が女性歌手の曲を歌おうとした場合。
声が低いので原曲のキーでは音が合わない(高すぎて出ない)。
そこでキーを下げる。下げ続けて-6にしても合わない。
それ以下にしようとしても、-側が無い。
だが、上の表を見て分かる通り、+側には-側に無かった「ドレミファ」がある。
それは+側だけにしかない音があるということ。


そこで仕方なく、わざと+側にキーを上げて自分の声の音を下げて歌う。
すると、0~+6のどこかが歌いやすいはず。
キーを上げて演奏の音を高くするのに、なぜか音が合わせやすい。
それは、その高い音のちょうど1オクターブ下の音で歌っていることになる。


なぜ、違う音なのに合っているように聞こえるのか。
そしてなぜ、ちょうど1オクターブ下なのか(2オクターブ以上・以下でも合う)。
どうやら、オクターブ違いの音はそれぞれの周波数が似ているので、
演奏の音と自分の音が違っていても、オクターブ違いの音なら合っているように聞こえるらしい。

いまいち納得できないが、そういうものらしい。
だから、原曲キーが無理なら、曲それぞれの自分の音域に合ったキーを探すといい。


たとえば、歌いたい曲の一部の音がピアノの真ん中の「ド」の音だとする。
でも音が高くて出せない。そこでキーを下げてみる。
-6にしても高くて音が出せない。
そこで+側にする。すると+4ぐらいなら音が合っているように感じる。
上の表だと+4は「ミ」。でも本来の「ミ」の音は出るわけがない。
そこで、1オクターブ下のオクターブの「ミ」で歌うことになる。
言い換えると、真ん中の「ド」から1オクターブ下の「ド」のオクターブの「ミ」で歌う、ということ。

もし「キー0(原曲キー)」の1オクターブ下なら、12個下げるので「キー0」のままでいいみたい。
自分の場合、声が低いのでキー0の1オク下が丁度いい。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1047052470
http://q.hatena.ne.jp/1156331753

 

 
追記:上記とは違うパターンの説明】


-6以下にキーを下げたい場合。
カラオケの機械では-6以下は無い。
そのときは、+側にする。
なぜ+側にするのか。
人間には、オクターブ違いの音は同じ音のように聞こえてしまう錯覚があるらしい。
それを利用して、+側のどれかの合う音にしてそのちょうど1オクターブ下で歌う。
そうすれば流れているキーの音とは違うが、合っているように感じるはず。


では、+側のどの音(キー)に合うかを調べるにはどうすればいいのか。
+側のどの音に合うかは曲(歌手の音域)によって違う。
まずその曲本来のキーで歌ってみる。
原曲キーや原曲キーのちょうど1オクターブ下で歌ってみて合わなければ、自分に合うキーを探す必要がある。

① 自分の音域と歌いたい曲の音域を調べて、どのキーが合いそうかを調べる。
② カラオケ店でキーをひとつずつ下げながらどれが合っているか調べる。
③ まず伴奏なしで自分が歌いやすい音の高さで、曲の一部分を歌ってみる。
  その音をピアノなどで調べて、その部分の曲本来の音とどのくらい離れているか調べる。

面倒な作業だが、しかたない。


自分の場合、声が低いのでいろんな曲がキー0のちょうど1オクターブ下でピッタリ。
だから、キーを変更しなくてもそのままで歌える。
でも中には、ちょうど1オク下で歌うには低くなりすぎ、原曲キーで歌うには高すぎて合わない曲がある。
そういう曲がキーを微妙に下げる必要があるのだろう。


【追記終わり】

 

 


では、自分の声が、どの音を出しているのかを知るにはどうするか。
ピアノを弾いて聴き比べてみるといい。
ネットでできる。
http://edwin.mints.ne.jp/flash/piano2.4/fp_w.htm
http://zenryokudeikuka.me.land.to/FLASHxPIANO_EX.html


例えば、真ん中の「ド」の音で試して、次に1つ下のオクターブの「ド」で試してみる。
すると、真ん中の「ド」の音で歌っていると思っていたら、
実は1つ下の「ド」の音だったことがわかる。
自分はそうだったので、ちょっとショックだった。
相対化(比較)することでわかるんだなぁと実感。

ちなみに、自分の声は真ん中のドより1オクターブ下のド辺りの音が気楽に出せる。
男性としては平均より低めだろう。

 

 


次に、どうやって自分が歌いやすいキーを探すのか。
一番は、カラオケ店の機械で試すのがいいらしい。
でも自分はしばらく行く予定がない。
そこで、根気よくピアノの音を鳴らしながら調べる。
具体的には、歌いたい曲の一部分の音とそこを歌った時の自分の声の高さを調べる。

 

自分の場合、なぜかほとんどの女性歌手の曲は、
ちょうど1オクターブ下の音をキーにすることで歌いやすかった。
高音域の男性歌手の曲もそう。
つまり「半音12個下げ」で、「キー0(=-12)」のまま。
なぜだろう?
ネットでアップされてるキー下げ動画では、-5とかで歌ってるのに。
伴奏があれば歌えるのだろうか?
それとも、元々声が高い人なら-5とか+5で歌えるのだろうか?
うーん。
カラオケに行く予定は無いので、この原因は放置。


また、平均的な音の高さの男性歌手の曲は、どのキーも合わせづらかった。
もしかすると、自分の声と近いキーで歌っている歌手の曲は、
微妙な差なので逆に合わせづらいのかも。
仮に歌うとしても、ものすごく高い声で歌いっぱなしになってしまう。


いろんな曲でキーを調べてみたが、
意外と女性の曲の方が歌いやすいという結果になった。
もちろん1オクターブ下で。
次に、高音の男性歌手の曲。
そして、一番歌いやすそうだと思っていた、
少し声が低めの男性歌手の曲が一番歌いづらいという結果に。
自分ではコブクロ福山雅治さんなど。
女性の歌が歌えるのは嬉しいが、同性の歌手の曲が歌いにくいのはちと辛い。


ちなみに、ツイートで似たような意見を書いてる人がいた。

 

 


最後に、「Let It Go」を例にキーについて調べてみる。
流行曲なので、キー下げ動画がたくさんあった。


-4 OffVo 英語ver
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23573846

+4 OffVo 英語ver
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23590130

キー+2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23372685

キー 0
https://www.youtube.com/watch?v=NaTsmj6QWIg


もちろん原曲のキーの音高(音の高さ)で歌えるわけがない。
そこで下げに下げていく。-4でも+2でも無理。
自分の場合、結局これも「0(=-12)」にして、
ちょうど1オクターブ下で歌うと音が合いやすい。
ただし、この曲はサビになると物凄く高くなるので音が出にくい。
たぶん、それだけこの曲は音域の幅が広いということだと思う。


とまぁこんな感じで、キーについて調べてわかったことを書いてみた。
まだまだ曖昧だったり理由がわからないことがある。
そこはお許しを。

 

 

では、オマケとして「Let It Go」を(たぶん)キー0の1オク下で歌っている男性の動画を紹介。
この曲を、このように歌いこなせられれば「歌が上手い人」と言えるだろう。
羨ましい。

 


Let It Go - Male Vocal Cover - Frozen (Soundtrack ...