読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月記

半年に1回、更新が目標

 まとめ - 思考法 



自分が実践してることと、実践したいことをまとめています。


 目次

1、 上下水平方向に考える(岡田斗司夫さんの思考法)
2、 ちきりんさんの思考法



1、 上下水平方向に考える

 下 - 「なぜ?」と、原因を掘り下げる。
 上 - 「ということは?」「どうする?」と、解決策を考える。
 左 - 「昔はどうだったか?」と、時系列に考える。
 右 - 「同じような事例がなかったか?」と、類似や連想をする。


出典:『あなたを天才にするスマートノート』(岡田斗司夫文藝春秋



2、 ちきりんさんの思考法


・情報を見たとき、以下の2つを考える。

 ① 「なぜ?」(数字の背景を探る)
 ② 「だからなんなの?」(データの先を考える問い)

「だからなんなの?」=次に起こることを予想し、それの対応策を考える。


・すべての分析のはじまりは「比較」

 縦 ⇒ 時系列(歴史)の比較
 横 ⇒ 自他の比較


・「この情報が入れば何がわかるか、何が言えるようになるか」を事前に想定する。
情報価値を考えることになる。


・「知識」は過去、「思考」は未来。

 知識とは過去の事実の積み重ね、
 思考とは未来に通用する論理の到達点


・「考える」とは、インプットをアウトプットに変換すること。

 情報収集、分析、話し合いは、考えることではない。
 考えるとは、集めて加工した情報を、
 どのように結論につなげるかを決めるプロセス。


出典:『自分のアタマで考えよう』(ちきりん、ダイヤモンド社
http://bukupe.com/book/4478017034